税理士を目指すために大学や専門学校が必要なのか

税理士を目指して大学に入る理由について

交友関係の広がりを持つ

学校と提携している会社なら有利です

税理士の専門学校と一般企業や役所や個人的な税理士事務所の中にはある程度の人材を確保しやすいように提携を結んでいる所がいくつかあるそうです。
なので、専門学校の卒業を控えている時期になると、就職先を探す為に就職活動をすると思います。
やみくもに税理士の仕事が出来る所を探すよりも提携している所で就職した方が早くに活躍する事が出来ます。

税理士の仕事は税金に関する事が多いので簡単には就職出来ない分野になっています。
それに、難しい資格になるのでそう簡単に就職先を探すとなるとかなり絞った範囲での就職活動になるので失敗すると希望の所とは違う職種で働かないといけなくなります。
学校を頼りにして就職先を探すのも一つの方法だと思います。

最短で卒業すれば早く働く事が出来る

専門学校は長くて3年で卒業になると思います。
その為、前の記事でも紹介したと思いますが、専門学校に在籍している間に税理士の資格を取得していれば最短で働く事が可能です。
この税理士の資格取得は合格率がとても低く難易度も高い試験になっているそうで、毎年試験を受験しても必ずしも合格出来るとは限らない難しいものみたいです。

ですが、必ずしも専門学校に通っていれば合格出来る内容でもないのでそこは注意して下さい。
通信教育で勉強する事も良いのですが、詳しい税金の仕組みや専門的な知識はきちんとした学校に通ってこそ得られるような気がします。
税理士としての知識の量と幅を広げたいと思うのであれば専門学校に通って基礎から勉強する事をおススメします。


この記事をシェアする