税理士を目指すために大学や専門学校が必要なのか

税理士を目指して大学に入る理由について

仕事に必要な常識を学ぶ

すぐに現場で働く事が可能

専門学校に在籍している時に税理士の資格を取得出来る人も中にはいると思います。
なので、アルバイトで税理士事務所で働いたとしてもすぐに即戦力として力を十分に発揮する事が可能です。
学生の内でも様々な分野でのアルバイトを起用している所は今では多いので、運が良ければそのままその事務所に就職も出来る事があります。

ですが、一応学生と言う事もあり最初は雑務からはじめて仕事を一つ一つ覚えていく事が多いそうです。
経験を重ねる事により、専門学校を卒業してからすぐに即戦力として先輩達と肩を並べなれるようになります。
様々な経験を重ねる事により、仕事をする上で必要な事も学べるのでもしかしたら個人的な税理士の事務所を開くのも早い年齢で出来るかもしれません。

出世も早くなる場合がある

もしかしたら、税理士の資格を専門学校に在籍している時に取得出来ていれば、前の記事でも紹介したと思いますが、現場での即戦力にもなるので出世の道も早く開けるようです。
若い内から色んな経験を重ねる事でそれだけ仕事や人脈も広がるので色んな視点から見る事が出来て自分の仕事に活かす事が出来るからです。
企業に属した税理士であれば、上の方まで上り詰める事も不可能ではありません。

税理士の仕事は人様からの信頼も重要になる為、実務経験があるだけでは出世は難しいそうです。
専門学校に在籍しておけばその税理士に必要な物事まで学ぶ事が出来るので通う意味はあると思います。
なので、税理士や国家資格を取得しようとしているのであれば大学や専門学校に通う方が良いと思います。


この記事をシェアする